下取りは必ず一括査定サイトを使おう!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

プリウスPHVの充電方法について、自宅で充電する方法が用意されていますが、気になる他の注意点や方法についても、詳しく解説します。

スポンサードリンク

■プリウスPHVの充電方法について

引用:http://www.motordays.com/newcar/articles/prius-phv-toyota-imp-20170414/

プリウスPHVの充電方法ですが、基本的に3つが用意されています。

おそらく最もありがたい仕組みが一般家庭の100ボルト電源コンセントからでもそのまま使えることでしょう。

かつてのプリウスでは、100ボルト電源コンセントは一応使えたものの電流が大きいために工事が必要になることもありましたが、プリウスPHVでは電流は6Aです。6Aであれば普通にある家電製品並みとも言えます。

これ以上の電流を必要とする家電製品も、例えばドライヤー、オーブントースター、電気炊飯器などいくらでもあるようなレベルのものです。

ただ、一般家庭のコンセントでもそのまま使えるように電流を抑えたことと、バッテリーの容量そのものがアップしたことにより、満充電に要する時間は長くなってしまっています。

これはもう相反する要素によるものですので止むを得ません。とはいっても、それでも14時間あれば一杯になりますから、毎日クルマに乗るという人でも何とか対応できる範囲内には収められています。

ですが、所要時間14時間というのはいかにも長いと感じる人も多いでしょう。その場合は200ボルト電源コンセントを使うという方法があります。

200ボルトとなると一般家庭では無理と思われるかもしれませんが実はそうではありません。

電力会社から家庭に引き込まれている電線は実は200ボルトの電圧になっています。

最終的にコンセントに来るまでの時点で100ボルトになっているに過ぎません。

そのため、特別に大掛かりな工事をすることなく一般家庭でも200ボルトの電源を使えるようにすることは十分に可能です。

200ボルト電源を使えれば、満充電にかかる時間は2時間半くらいにまで短縮されます。

ただし、電流も14Aと相当に高いものになりますから、危険を避けるためにも専用のものを使う必要はあります。

一方、例えば高速道路を利用しての旅行中などに充電したいと思った場合、14時間はもちろんのこと2時間半でも長すぎると感じることでしょう。

夜間に寝ている間に対応してくれるのであればともかく、高速道路のサービスエリアで2時間半も待っているような訳にはいきません。

これに対応するため、急速充電設備がサービスエリアなどに整備されるようになってきています。

この方法であれば、わずか20分ほどで8割の容量まで一杯にすることができ、外出先でも何とか待っている間にやってくれるレベルでしょう。

このように3種類の方法が用意されています。

スポンサードリンク

■プリウスPHVは家庭での充電が可能

引用:https://etex.jpn.com/2016newpriusphv/

現在世界の自動車メーカーは総じてガソリン車から電気自動車やハイブリッド車などのエコカーの開発に力を入れています。

地球温暖化の影響もあり、地球の環境の良い製品を販売することが継続的な未来の販売活動に繋がるという長期的なビジネスビジョンが各社共通しているためですが、その中でも日本の場合トヨタがエコカー開発では突出している状況です。

トヨタといえば、日本を代表する自動車メーカーであり、世界中に車を輸出しています。

プリウスPHVはプラグインハイブリッド車であり、第3のエコカーと呼ばれる技術を搭載した車になります。

プラグインハイブリッドとは、電力だけでも走行することが出来、またガソリンと併用して走行することも出来るタイプの車になるので、その時の状況によって使い分けることが出来ます。

充電だけで走行することが出来る距離に関しては68.2kmとされていますので、近距離の使用であればガソリンを使用しないという選択肢も視野に入ってきます。

近所への買い物、また会社への出勤でも往復60km未満であれば、毎日家庭で充電をすればガソリンスタンドへ行く回数をずっと減らすことが出来ます。

そもそもがハイブリッド車になりますので、ガソリンを使用しても走行距離は37km/Lと燃費はかなり良いので、ガソリンスタンドへ行く回数は少なくなると思われます。

現在ガソリン価格は数か月に渡って高止まりの状況にありますので、なるべくガソリン代はかけたくない、また環境に優しい生活を送りたいと考えるご家庭には向いている車です。

毎日ご家庭で充電をすることを考えるとオール電化にして電力料金を抑えているプランの方が電気代は経済的です。

仕事が終わってからと考えると夜間に利用料金が安くなるプランを契約しておくと電気代は抑えることが出来るでしょう。

電力をメインに使って車を使いたいと考える方が気になるのは充電にかかる時間になってきます。

早ければ早い方が良いのですが、プリウスPHVのスペックによってかかる時間には差がありますが、オプション装備を付けることで急速充電を行うことも可能になります。

また、新型モデルのプリウスPHVでは、オプションで屋根にソーラーパネルを搭載できるタイプも販売されています。

ソーラーパネルを搭載したタイプは世界で初めてのタイプということで注目を集めていますが、世界のトヨタですので、常に最先端の技術をユーザーに提供してくれます。

スポンサードリンク

■プリウスPHVの充電コンセントについて

引用:http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1204/12/news096_3.html

プリウスPHVの充電については当然ながら気になるところでしょう。

自宅にある電源コンセントからでもできるのか、あるいは何かの工事などが必要になるのでしょうか。

これは問題ありません。

一般家庭にある普通の電源、つまり100ボルト電源からでも問題なく充電できます。

ただし、やはり普通の家電製品とは少し異なるところもありますから、ある程度は気を配るようにしたほうが良いでしょう。

例えば、カーポートは屋外にあることも多いでしょう。

となると電気コードについても屋外に伸ばすことになります。

コンセントについても屋外にないと、屋内から窓を開けてコードを伸ばし、一晩中窓を開けたままにしておくわけにもいかないはずです。

また、屋外にある以上は、風雨についてもある程度は配慮が必要です。

一応、多少であれば雨が降っていても問題はないとされていますが、アースがしっかりと取られているものを利用したほうが良いです。

感電したりすることのないように濡れた手では直接触れないようにしましょう。また、ケーブルについても手荒な取り扱いは禁物です。

断線などの損傷につながることがあるからで、上を踏みつけたり、自転車でそのまま通るなどは避けなければなりません。

これらの注意点をしっかりと守りさえすれば一般家庭の100ボルト電源でも問題は全くありません。

というか、プリウスPHVは一般家庭の100ボルト電源でも十分に対応できることを考えて設計されたものです。

ただ、フル充電にかかる時間は14時間と相当に長いものになります。

■一晩かかっても一杯にはならないかもしれないレベル?

プリウスPHVに毎日乗るという人であればこの時間は長すぎると感じることもあるでしょう。

そういう場合は200ボルト電源を使うという方法があります。

200ボルト電源というと一般家庭では無理と思うかもしれませんが決してそうではありません。

一般家庭でも引き込まれている電気そのものは実は200ボルトだからで、簡単な電気工事を依頼するだけで200ボルト電源コンセントを使うことができるようになります。

また、マンション暮らしの人は自宅のコンセントをそのまま使うわけにはいかないでしょうが、駐車場には最近は200ボルト電源が用意されていることも多くなっています。

200ボルト電源が使えれば、充電時間は2時間半ほどにまで短縮されますから、毎日利用するにもストレスを感じることはなくなるはずです。

▲▲プリウスおすすめ記事▲▲
プリウスPHVモデリスタの人気カラーは赤?黒?
プリウスαの仕様は車中泊に向いている?ブログ情報を参考に
プリウスα7人乗りの燃費・価格・新古車の評価はどうか
プリウスα GRモデルの購入予定者は必読すべき具体的な値引き方法
プリウスαの内外装カスタムとカスタムパーツのアイデアを紹介

プリウスを値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

我が家の大蔵省である妻に相談しても、
「じゃあ、こっちが安いのでいいじゃない」
と一蹴。

私みたいに自分のほしいプリウスを、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使おう!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!