下取りは必ず一括査定サイトを使おう!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!




プリウスαの発売時期とグレードによるタイヤサイズ、オフセット・規格外に注意

プリウスαにプリウスの15インチは装着できるか、車検に通らない恐れもあるので専門家に相談も

スポンサードリンク

プリウスαの純正タイヤサイズについて知ろう

引用:https://autoc-one.jp/toyota/prius_alpha/report-763751/0002.html

プリウスαは2011年5月より販売開始、2017年12月トヨタセーフティセンスP搭載

プリウスαは、日本の大手自動車メーカーであるトヨタ自動車が2011年5月に製造・販売を開始しているハイブリット専用車です。

ハイブリッドカーは動力源を2つ以上併せ持つ自動車のことで、世界で最初の量産型ハイブリッドカーはトヨタの初代プリウスだといわれています。

2017年12月1日に行われたマイナーチェンジの際に、全車に搭載された衝突回避支援パッケージのセーフティセンスPによって、これまで以上に安心して運転できるよう改良されました。

プリウスαは、2列シートで5人乗りのステーションワゴンタイプと3列シートで7人乗りのミニバンタイプがあり、家族構成や用途に合わせて大きさを選ぶことができるため人気があります。

グレードはSとGの2グレードで、Sには「TOURINGSelection」と呼ばれる上級オプションパッケージや「Lselection」と呼ばれる装備を簡潔したモデル、「GRSPORT」と呼ばれる架装車両があります。

グレードGは「TOURINGSerection」のみとなっています。

プリウスαのタイヤサイズ

プリウスαのタイヤサイズはグレードSのツーリングセレクション5人乗りでフロント・リヤともに215/50R17で、7人乗りも同サイズとなります。

Lセレクション5人乗りでフロント・リヤともに205/60R16です。

グレードGのツーリングセレクション5人乗りでフロント・リヤともに215/50R17で、7人乗りも同サイズとなります。

タイヤ交換は5年を目安に交換、使用状況によっては早めに交換を

タイヤはサイズが同じであっても、乗る車種によってタイヤのすり減り方やすり減る早さが変わってきます。

また、タイヤの溝がすり減ってくるとブレーキ性能が低下したり、雨の日など速度が低い状態でもグリップを失ってしまいハイドロプレーニング現象などを引き起こしたりします。

またタイヤの溝は十分残っていても、夏の強い紫外線や地面からの熱などによって劣化してしまい、ひび割れやしわを引き起こします。

そのため、純正タイヤを使っていても5年ほどを目安に点検や交換を行うことが理想的です。

頻繁に車の手入れをしている方でも、タイヤワックスを塗り過ぎてしまうとかえってタイヤのひび割れを引き起こし劣化を早める原因になるので注意が必要です。

タイヤを選ぶ際にはタイヤサイズを十分に確認し、車種やタイヤサイズに合ったものを選ぶことが大切です。

また定期的に点検や交換を行うことで、タイヤの溝のすり減りやパンクなどの異常が引き起こす事故を防ぐことができます。

安全に注意して楽しいドライブをしましょう。

スポンサードリンク

プリウスαのグレードと、オフセット、タイヤサイズについての説明

引用:https://www.diylabo.jp/basic/basic-40.html

プリウスαのグレード

自動車メーカー「トヨタ自動車」が販売するプリウスシリーズには、プリウス、プリウスα、プリウスの3種類があります。

そして、1997年に販売開始されたプリウスから派生する「プリウスα」は、2011年に販売開始され、たくさんのグレードが販売されています。

そのグレードはSモデルとGモデルの2つに分けられ、Sモデルは「S/Lセレクション/ツーリングセレクション」の3種類と特別仕様車が数種類、Gモデルは、「G/ツーリングセレクション」の2種類を展開しています。

Sモデルはスタンダードタイプとされていますが、Gモデルはグレードアップして、機能や視覚的にも高級感ある仕様になっています。

そして、それぞれのグレードについて、5人乗り(荷室が広いワゴン型)と7人乗り(3列シートのミニバン型)の2種類が販売されており、5人乗りと7人乗りでは、20万円程度の違いがあります。

プリウスαのオフセット

次に、オフセットとは、ホイールのリム幅(中心線)と、車体とホイールの接地面との距離を数値に表わしたもので、車を前から見たときにホイルが横に飛び出しているものがマイナスオフセット、内側に引っ込んでいるものがプラスオフセットとなります。

そして、車種それぞれに適合数値があります。

プリウスαの場合、ツーリングセレクションのみ+45mm、その他のグレードは+39mmで、その数値はSモデルとGモデルの違いは問いません。

この+45mmと+39mmという数値は、車体とホイールの接地面が、直径より外側に45mmないし39mmプラスとなっていることを表します。

そしてツーリングセレクションのホイールは、その他のグレードのホイールよりも6mm内側に引っ込んでいることになります。

ホイールによってオフセットの数値が変わるため、ユーザーは適正数値内のホイールを選定することになります。

プリウスαのタイヤサイズ、規格外の装着には問題発生も

また、プリウスαは、タイヤサイズについても、その標準装着サイズがツーリングセレクションのみ他のグレードと異なります。

ツーリングセレクションは「215/50R17」が標準であるのに対し、その他のグレードの標準は「205/60R16」です。

タイヤサイズはタイヤの側面に記載されており、「215(205)」はタイヤ幅(mm)、「50(60)」は扁平率(%)、「R」はラジアル構造、「17(16)」はリム径(インチ)を表し、タイヤサイズを見ればタイヤの詳細が分かります。

オフセットやタイヤサイズ、いずれも標準サイズのものを使用する必要があります。

規格外のものを装着した場合、物理的にタイヤハウスにタイヤが干渉するなどして稼働に問題が生じるだけでなく、運転性能・乗り心地にも影響します。

スポンサードリンク

プリウスαに15インチのタイヤサイズが入るか

引用:bhttps://minkara.carview.co.jp/userid/1022189/car/1593193/2620055/note.aspx

プリウスαに15インチタイヤ装着は要注意

プリウスαに15インチのタイヤサイズを組めるかというとフロントは入りますが同じサイズをリアに入れると入らないので注意が必要です。

リアの方が25mm程外側にオフセットを出す必要があります。

リアに入れる場合フロントと同じサイズを使用する場合はスペーサーを入れる方法がありますが車検の際に検査員によっては不合格になる場合がありますし外に出しすぎてボディーから出ても車検に通らないので注意が必要です。

車検に通らない恐れも

それに、スペーサーを5mm以上のものを使うと特に強度的に安全ではないとみなされる場合が多いです。

勿論それ未満でも車検不適合になる場合もあります。因みに車検認証工場だと車検に通す場合が多いです。

指定工場だと検査が厳しいです。

因みにフロントに入るホイールサイズはpcd114.3、リム幅6Jでオフセットプラス50です。

リアはオフセット25mm程にする必要があります。

この場合リム幅を狭くして細めのホイールを組む方法もありますがかなり重いものを常時載せる場合は耐荷重記号を気にした方が良いですが、基本的に扁平率が高くなるので純正サイズよりも耐荷重については丈夫な場合もあります。

また、フロントに使用するタイヤのサイズは195/70R15や205/65R15や225/60R15です。

225/60r15を入れる場合はタイヤに対してホイールが狭く、入らないことはないですが純正のリム幅よりも狭くなります。

このため195/70R15や205/65R15よりもホイールが引っ込んで見えます。

少しでも引っ込んで見えるのが嫌な場合はホイールを試着できる店で出来るだけリム幅の広いホールを選ぶと良いですが、あまりに広すぎるとタイヤがホイールと組むのに負担がかかるため強度が弱くなり危険です。

プリウスαのタイヤ交換時は専門店に相談も

また、自分で選ぶのが大変な場合は町のタイヤ店やホイールを多く扱っている店で相談してみるのも良いです。

ブレーキやボディー等に当たらないかを確認しておくと購入の際に安心ですし、実際自分の目で見てみて確認するのも良いです。

また、ホイールの変形や欠けや歪みが生じる場合があります。

これらの場合にこのインチのホイールとタイヤの組み方によっては入らない場合があるので注意が必要です。

安価に入れたい場合は走行に全く支障の無い中古ホイールを選択する方法もあります。

確実に入るホイールサイズは16インチでオフセットがプラス39でリム幅は6.5Jです。

タイヤサイズは205/60R16です。

次の記事へ >>>


あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

 ⇒こちらをクリック

プリウスを値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

我が家の大蔵省である妻に相談しても、
「じゃあ、こっちが安いのでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の9年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしいプリウスを、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使おう!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!