下取りは必ず一括査定サイトを使おう!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

背の低いワゴンタイプ7人乗りで唯一売れているプリウスα、マイチェンで安全面もぬかりなし 新型プリウスαはすべてにレベルアップか

車中泊も可能なシートアレンジと利便性 各グレード比較、最終的には予算と使用目的で決めよう!

スポンサードリンク

プリウスα7人乗りは最後部座席の狭いことが問題とはならない


引用:http://www.kuruma094.com/blog/archives/5373

背の低いワゴンタイプで唯一売れているプリウスα

高さのあるミニバンの人気が上昇しており、プリウスαのように比較的背が低くスタイリッシュなワゴンタイプの7人乗りは、狭いというイメージから人気が低下しているのが現状です。

トヨタでも同じワゴンタイプの多人数乗車が可能な車種としてウィッシュがありましたが生産が終了、ホンダではストリームの生産終了に伴いジェイドが発売されていますが人気は低迷しています。

しかしながら、プリウスαは安定した販売台数を記録しており、2011年の発表・発売から年数が経っているものの安定した人気を確保していることが特筆できるモデルです。

これは7人がきちんと乗れるパッケージングの優秀さや、近年のトヨタの新型車に見られるような鋭いフロントマスクのデザインと一線を画すクリーンなデザインが支持されていることの裏付けとも言われます。

多人数乗車を日常的に必要とするケースであれば、大型ミニバンが便利であることは疑いようもない事実ですが、通常は1人から2人しか乗ることがなく、いざという時に7人乗車というケースがほとんどであるライフスタイルであれば、最後部座席が狭いという評価もあまり気にしなくても良いものと言えるでしょう。

もっとも、普通の体格の人であれば、プリウスαの最後部座席には特に無理することなく乗ることができます。

子供であれば狭いというよりはむしろ余裕のある室内空間ですので、快適であるとも言えます。

大型ミニバンは大きすぎるとか、運転がしにくいといった人たちからは、プリウスαのような乗用車的に運転することができる背の低いモデルが、乗り換えの候補として好ましいのではないでしょうか。

背の低さがもたらす低重心化により操縦安定性に優れる

背の低さがもたらす効果は、低重心化にあります。

どの自動車も重心が低ければ低いほど操縦安定性能に優れ、安全に運転することができます。

強風に煽られた場合にも背の高いミニバンであればハンドルを取られたり、大きく横に振られたりする可能性がありますが、ワゴンタイプの乗用車ではその確率も下がります。

そのため、運転がしやすいという観点からもプリウスαは大きな支持を集めており、全体的には人気が低迷しているジャンルの中で、唯一と言っていいほど安定した販売を続けています。

2017年マイチェンではトヨタセーフティーセンスP搭載で安全性も向上

2017年の一部改良でトヨタセーフティーセンスPが全車に搭載されるなど、細かなアップグレードも続けられており商品力が保たれています。

7人乗りのワゴンタイプの乗用車を探している方には、おすすめできる選択となります。

スポンサードリンク

プリウスα7人乗り仕様の居住性やスペックと次期モデルについて

引用:https://autoc-one.jp/toyota/prius_alpha/newmodel-756395/photo/0025.html

プリウスαの仕様、フルフラットにより車中泊も可能

プリウスαは現モデルが3代目プリウスセダンと同様のハイブリッドシステムが搭載されたステーションワゴンタイプです。

プリウスαは2011年にデビューし、5人乗り/7人乗りの各モデルを発売しています。

3代目プリウスと同一のコンポーネントが使用されながら、ホイールベースが80mm延長され、全長・車高・車幅が一回り拡大された造りで、クーペ型セダンハッチバック構造のプリウスに比べて居住性を高めた構造となっています。

5人乗りが2列シート、7人乗りを3列シートがあり、7人乗りではラゲッジ部分に格納されたシートを起こすと2人用座席となります。

通常は可倒してラゲッジとして使用し、2列目シートを前方に倒すことでラゲッジの拡張が可能となり、ラゲッジルームの容量は最大1,070Lにまで拡張され、長尺物や大きな荷物の移動に最適です。

1列目シートを前方にスライドし、背もたれを前に可倒すれば190cm程度の空間が出来、純正オプションのロングラゲッジマットを敷いた上にサイズの合うマットレスを置くことで、キャンプ等の出先では車中で泊まることも可能です。

7人乗り3列シートはシート厚が若干薄めだが積載性は問題無し

3列目シートはリアタイヤの後方にあり、シート厚が若干薄目であることから、1列目・2列目と比べると座り心地に多少の問題があります。

ファミリーでの移動で身体の小さい子どもが座るシートとして適しています。

プリウスは2列目シートのルーフ部分がテールに対して下がったデザインであるため、リアゲートを閉めた状態でラゲッジの広さが物足らないという意見があり、プリウスαの場合十分と言える広さがあります。

気になるプリウスαの発売時期、また燃費性能は

現在のモデルはプリウスαとしては初代モデルとなりますが、2代目への移行でモデルチェンジが噂されており、2018年末~2019年春に発売の予定と言われています。

ハイブリッドシステムは4代目プリウスと同様のものとなる予定で、燃費性能は現在の26.2km/L(JC08モード燃費)から30km/Lまで伸びると言われています。

サイズ感は現行モデルとほぼ同様と言われており、居住性への変化はないようです。

現在のプリウスαに搭載されるトヨタ・セーフティ・センスPがさらに改良され、ドライバーの運転サポートを行います。

7人乗りのステーションワゴンの購入を検討するオーナーにとって居住性はとても重要であり、人荷を多く積み込むタイプの車両の問題である燃費をも改善しているため、次期モデルのフルモデルチェンジが期待されています。

スポンサードリンク

プリウスαの7人乗りのグレードについて

引用:https://gazoo.com/article/guide/150417_2.html

5人乗りと7人乗り

プリウスαはトヨタ自動車が製造販売しているハイブリッド車の名称です。

ハイブリッド車ということで、電気で動くモーターと、ガソリンで動くエンジンの2つの動力源を持っており、状況に応じてエネルギー源を柔軟にコントロールしながら走行することができます。

このプリウスαには5人乗りタイプと7人乗りタイプがあります。5人乗りタイプは2列シート車、7人乗りタイプは3列シート車です。

この車のグレードですが、大きく分けるとSとGの2つがあります。

基本的にはSのほうがスタンダードモデルであり、Gのほうがよりハイスペックなモデルとなっています。

ただし細かいところでは単純にそうとも言い切れないところはありますから注意しましょう。

グレードSとGの比較

最も分かりやすいものとして、SとGとを比較してみましょう。

どちらもエンジンは1.8Lであり、それにモーターを備えていることは同じです。

駆動方式は2WDトランスミッションはいずれもCVT、つまり電気式無段階変速となっており、基本的なスペックはSもGも変わりません。

異なっているのはいわゆるオプション装備と呼ばれるようなものになります。

例えばヘッドランプでは、Sはハロゲンランプであるのに対してGはLEDランプとなっています。ステアリングホイールについてもSはウレタン性であるのに対してGは本革巻きとなっています。

この程度であればどちらでもさほど問題はないという人も多いかもしれませんが、いま流行りのスマートエントリーシステムにおいても両者には違いがあります。

Sであってもスマートエントリーシステムは採用されていますが、運転席のみです。

これに対してGでは運転席に加えて助手席やバックドアについてもスマートエントリーシステムが採用されています。

また運転席のシートは電動化されており、ランバーサポートと呼ばれる長時間運転時の腰への負担を軽減するシステムがGには備えられています。

このように、外観や内装においてよりハイグレードの素材を利用したり、より高級な装備が付け加えられたりしているのがGということになるでしょう。

他にも、フロントバンパーやリアバンパーが専用品に置き換わるといったタイプのものもあり、細かい点を挙げ出すと切りがありません。

プリウスα7人乗りを選ぶ決めては予算と目的で選ぶ

基本的な違いを頭に入れた上で、後はウェブサイトやカタログなどを見て自分の予算と目的に合ったものを選ぶようにすると良いでしょう。

ちなみに、5人乗りタイプでも7人乗りタイプでもほぼ全てのグレードモデルが用意されています。

▲▲プリウスおすすめ記事▲▲
プリウスPHVモデリスタの人気カラーは赤?黒?
プリウスαの仕様は車中泊に向いている?ブログ情報を参考に
プリウスα7人乗りの燃費・価格・新古車の評価はどうか
プリウスα GRモデルの購入予定者は必読すべき具体的な値引き方法
プリウスαの内外装カスタムとカスタムパーツのアイデアを紹介

プリウスを値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

我が家の大蔵省である妻に相談しても、
「じゃあ、こっちが安いのでいいじゃない」
と一蹴。

私みたいに自分のほしいプリウスを、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使おう!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!