下取りは必ず一括査定サイトを使おう!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!




プリウスαを自分仕様にカスタマイズ、DIYで自分だけのプリウスαを作ろう

複雑なハイブリッドシステムのため外装のカスタムから始めてみよう、アフターパーツも多数販売されています。

スポンサードリンク

プリウスαの内装をカスタム化して自分だけの空間を作ろう!


引用:http://www.fledermaus.jp/panel.html

インパネ、シート、フロアマットのカスタマイズ

プリウスαは通常のプリウスよりは高級感がありますが内装をカスタム化するとより質感を高めることが出来ます。

プリウスαには様々なパーツがあります。

インテリアパネルは純正のパネルを木目調に変えるパーツが用意されています。

木目調といってもブラックカーボン調や黒木目にピアノブラック調他にも茶木目があり、両面テープで貼り付けられるので簡単に印象を変えられます。

ダッシュパネル用やセンターコンソールを含め内装インテリアパネルが15ピースセットになったものも販売されています。

シートカバーはG系がファブリックと合皮でそれ以外のものがファブリックのみとなっていますが、シートカバーを利用すると質感をさらにアップできます。

PVCレザーといわれる合成皮革と本革の素材があり、PVCレザーの方が安価となっています。

本革のカバーは質感が高く蒸れにくい特徴がありますが、汚れやすく強度もPVCレザーに比べ多少弱いためどちらを選ぶかは慎重に決めると良いでしょう。

フロアマットはグレーカラータイプが多いですがブラックやベージュもあり純正品と同等の難燃基準をクリアした生地が使われていて裏面は防水やズレ防止に優れているシンセティックラバーが採用されていて無地だけでなく柄物も販売されています。

フロントとリア等セットで販売されている場合は乗車定員によりフロアマットのセット数や種類が違いますので注意が必要です。

暑い日には遮光カーテン式サンシェードで車内を快適に

暑い日差しや車外からの目を遮りたい場合にはサンシェードもあります。

サンシェードは日差しを遮るだけでなく冷たい空気もシャットしてくれます。

フロントガラスのみとフロントだけでなくサイドやリアを隠せるタイプのものや遮光カーテン式も用意されています。

LEDイルミネーションで足元をかっこよく、他にもシフトノブなど多様なカスタマイズが可能

他にも細かな内装パーツ用意されており足元をかっこよくしたい時にはイルミネーションをつけることが出来ます。

純正パーツがありLEDを使用したブルーの光で綺麗に足元を演出してくれます。

車内を少しでも便利にしたいならセンタートレイとUSB増設ソケットがおススメです。

センタートレイはセンターコンソールのカップホルダーに装着するだけでスマートフォンを置くなどでき、滑り止めも付いていて装着も簡単にできます。

USB増設ソケットはその名の通りUSB電源を1つ増設できます。

純正のコンソールに設置でき、シガーコンセントから電源を取るので安心です。

プリウスαには他にもシフトノブやハンドルカバーなど多様なカスタム化が可能となっていて電気系統以外は誰でも簡単に内装をカスタム化できます。

スポンサードリンク

プリウスαのカスタムは外装から行うのが良い方法

引用:https://car.biglobe.ne.jp/used_car/list1010/10102518/all/39-p1/

プリウスαのカスタマイズは外装から始めたほうが良い理由

プリウスαのカスタムは外装を集中的に行うのが非常に良い方法です。

通常の車のカスタムは内装を重点的に行うのも1つの方法となっていますが、プリウスαの場合にはハイブリッドシステムが搭載されており非常に複雑な内部の構造となっているため内装を変更する要素が非常に少ないため、高度な技術を要することも多いのです。

さらにバッテリーを搭載していることからこれらに干渉しないようなカスタムを行うことが非常に難しく、費用も高額となってしまうことが多いので注意をしなければなりません。

逆にプリウスαはそのスタイリングが非常にスポーティーなデザインとなっているため、外装に関しては多くのカスタムパーツが販売されており、その自由度が非常に高いことが挙げられます。

多くのショップがアフターパーツを製造、デザイン性や空力性能も向上

生産台数も非常に多いことから多くのショップがパーツの製造を手がけており、自分の個性に合ったものを選ぶことができるのがポイントとなっています。

外装の中でももっとも注意したいのがフロント部分です。

フロント部分は車の顔とも言うべき非常にデザイン性に優れたものですが、グリルを変更したり、スポイラーを装着するだけでもその印象が大きく変わります。

様々なタイプのグリルが販売されており、自分でも比較的簡単に装着することができるので様々なパーツを試してみるのも非常に良い方法となっています。

さらにリヤスポイラーも最近ではオリジナルのデザインを生かし美しく変更することができるものが増えてきました。

プリウスαのリア部分は非常にデザイン性に優れ、後部のクオーターウインドウが特徴的あるためカスタムを行うには難しいとされていましたが、最近ではこの部分を効果的に生かした形でのオリジナルパーツを発売するところも増えており、より空力傾向を高めるためのリヤスポイラーをデザインしているところが数多く出現しています。

そのため自分の好みのものを選んで装着することが可能で、個性的なデザインを演出することができるのです。

その他にも様々な部分のパーツを販売しているところが増えており、このベースとしてプリウスαは非常に人気が高いものとなっています。

自分仕様のオリジナルプリウスαへドレスアップしてみよう

初代のプリウスはそのデザイン性が疑問視されている面がありましたが、2代目からはその反省を生かしすぐれたデザインを踏襲しており、今回の最新型では斬新なデザインの中にこれまでの空力特性に優れた様子をふんだんに盛り込んでいる点が特徴です。

加えてこれをさらに生かすエアロパーツも多数販売されていることから、自分なりにドレスアップをする要素が非常に増えている点が特徴です。

スポンサードリンク

プリウスαをカスタムするときに使うパーツ

引用:https://chukosya-ex.jp/detail/ccCU3406853023

エアロやローダウンがプリウスαのドレスアップの主流

トヨタプリウスαは燃費が良いことが魅力となっているのハイブリッドカーなので、パワーを高めて走行性能を向上させるようなカスタムはあまり一般的であるとは言えません。

そのため必然的にエアロパーツやローダウンを装着することによって格好良い見た目を演出するドレスアップが主流となります。

元々とても近代的なデザインのプリウスαなため、それぞれのライトを追加したり変更したりして、もっと華やかにしたり、造形が複雑なエアロで、もっと未来的なムードを高めたりする方法が人気となっている訳です。

そして純正の状態でも重厚感があるボディとなっているのがプリウスαの持つ特徴の1つで、純ベタで車高を低くしたりシンプルなエアロを使ったスタンス系のカスタムもとても人気が高まっています。

装着するパーツ取付の順序について

ここで前もって考えておく必要があるのが、装着するパーツの順序についてです。

カスタムの方法は人によってそれぞれ違いますが、自分が求めている姿や乗り方をイメージしながら考えていくことが必要になります。

例えば純正のままの状態では、ちょっと物足りないという部分を少しだけカスタムをするという場合はサイズは純正のものと同じでオフセットやインチを多少変えた程度のホイールに変えたり、ノーマルな見た目に合うジェントルな形状のマフラーに変えたりするのがおすすめです。

好みに応じてリップスポイラーやハイトダウンスプリングなどを取り付けるのも良い方法になります。

内装に関してはLEDライトのルームランプやドリンクホルダーを取り付けると快適さが向上するのでおすすめです。

純正から印象を変えたいが、手を加え過ぎな感じになってしまうのは嫌だという人は、まず車高に応じた適したサイズのホイールを装着するために車高調整式サスペンションを組む必要があります。

そして好みのサイズのホイールに取り替え、好みの音量と形状のマフラーを取り替えるのがおすすめです。

フロントリップなどといったエアロパーツを装着して好みに応じてライトなどの電装系パーツを取り替えるのも良い方法になります。

内装についてはLEDライト以外にステアリング変更も、外装は車高の高さもポイント

また、内装についてはLEDライトのルームランプやドリンクホルダーを取り付けるだけではなくステアリングやシフトノブなど運転するときに手に触れるパーツを変更するのも良い方法の1つです。

外装については、車両を正面や後ろから見た時のタイヤとフェンダーやリムとホイールの位置関係の好みの状態に整えるために最初に車高を決めておくというのがポイントになります。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

 ⇒こちらをクリック

プリウスを値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

我が家の大蔵省である妻に相談しても、
「じゃあ、こっちが安いのでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の9年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしいプリウスを、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使おう!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!