下取りは必ず一括査定サイトを使おう!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

初代プリウスαとは、各種グレードと燃費性能について

スポーツチューンモデルGRグレードの追加、エンジン・ハイブリッドシステムはそのままだが専用チューンの足回りで優れたハンドリングを実現、剛性感も明らかに向上

スポンサードリンク

プリウスαの特徴とGRなどの燃費について

引用:https://www.chibatoyopet.co.jp/newcar/priusalhagr?store_id=3&test_car_store_id=3&store_name=%E6%9D%BE%E6%88%B8%E5%BA%97

5人乗りとリチウム電池搭載の7人乗りも有り、ハイブリッドシステムは3代目プリウスと同様

プリウスαはトヨタ自動車が2011年より製造販売しているハイブリッドカーで、5人乗りステーションワゴンタイプと3列シート7人乗りのミニバンタイプの2種類が用意されています。

プリウスという名称が付いている通り、プリウスの派生車であり、プラットフォームは3代目プリウスと同じものが使われていますが、ただしホイールベースは80mm延長されて、2,780mmとなっています。

エンジンとモーターのハイブリッドシステムは3代目プリウスと同様のもので、最高出力99馬力を発生する2ZR-FXE型1,797cc直列4気筒DOHCエンジンと最高出力82馬力を発生するモーターが搭載されており、システム最高出力は132馬力を発揮します。

足回りについても基本的に変更はありませんが、重量増になったことからトレッドを前後それぞれ若干拡大しています。

なお、搭載されている電池は、5人乗りはニッケル水素電池ですが、7人乗りは車内の空間を確保するために小型化したリチウムイオン電池を搭載するのはトヨタ車ハイブリッドカーとして初めてのことです。

ライバルを凌駕、高速道路でも良好なすぐれた燃費性能

この結果、5人乗りと比べて7人乗りの重量増はわずか10キロに抑えることに成功しました。

プリウスαの燃費性能は、JC08モード燃費で26.2km/Lとなっています。

実燃費ではユーザーによる平均で市街地では17.6km/L、高速道路では20.7㎞/L、トータルでは19.5km/Lとなっています。

高速道路になるとモーターによるアシストが無くなり燃費が悪化するハイブリッドカーもありますが、プリウスαでは高速道路でも好調をキープしているので嬉しいところでしょう。

各種グレード構成、人気のGRも追加

グレード構成は、「S」「G」「S TOURING Selection」「G’rなどがあります。

スポーティにドレスアップした「G’r」は、他のプリウスαとは別の車のような迫力のある外観と豪華なインテリア、そして引き締まった足回りが魅力です。

エンジンなどはパワーアップされていないので燃費の良さは変わらずに、しかしそれだけでは物足りないというユーザーにはぴったりのグレードといえるでしょう。

トヨタ車ではスポーツ仕様のモデルにも力を入れはじめ、プリウスαだけではなくヴィッツやアクア、86などにも次々にドレスアップを施したモデルを登場させています。

自分で同じだけのドレスアップを使用と思ったら、とてもできないような格安のお値段での販売価格となっているのも魅力です。

スポンサードリンク

プリウスαGRの特徴と燃費性能について

引用:https://ecocar-info.com/?p=524

スポーツモデルのGRグレードの追加、外観はノーマル車と大きく相違

トヨタ・プリウスαのスポーツチューンモデルがプリウスαGrスポーツです。

Grシリーズはトヨタのモータースポーツチーム「GAZOO レーシング」が展開するスポーツチューンモデルで、市販車をベースにしていますが、レースで培われたノウハウが投入され、標準モデルとは外観も性能もかなり異なり、スポーツ走行を楽しむことができます。

ベース車は「Sツーリングセレクション」で、外観は専用デザインのバンパーやグリル、アルミホイールそして赤いラインなどがノーマル車との違いを引き立てています。

サイズも異なり、全長が20mm延長され、全高は15mm下げられています。

内装では専用スポーツシートや小径の本革ステアリング、アルミペダルなどの演出が施されているのが特徴です。

専用パーツ投入で軽快なハンドリングを実現、さらに剛性感も大幅アップ

搭載されたエンジンや変速機などには違いはありませんが、足回りにはかなり手が入れられており、専用にチューニングされ約25mmダウンされています。

これによりパワー的には1.8L直列4気筒DOHCエンジンなのでそれほど加速力はないのですが、ハンドリング性能は向上しており、楽しく軽快なハンドリングを楽しむことができます。

ブレーキ性能も専用のキャリパーが与えられています。

さらに専用剛性アップパーツとしてスタビライザーブラケット大型一体構造やフロントサスペンションメンバーブレースなどが装備され、ノーマル車に比べて明らかに剛性感がアップしているのがわかります。

燃費はノーマル車と同等だが、専用チューン・専用パーツ追加で価格は335万円から

燃費に関してはノーマル車の場合はJC08モードで26.2km/Lとなっています。

Grも同じエンジンとハイブリッドシステムなので、燃費はそれほどかわらないと思われます。

1世代前のハイブリッドシステムではありますが、激しい運転をしない限り実質燃費でも20km/前後は可能でしょう。

スポーティな雰囲気が満載で、軽快なハンドリングを楽しみながら、しかも燃費が良いプリウスαGrは非常に魅力的な車と言って良いでしょう。

プリウスαはプリウスの弱点とも言える荷室の容量を広くしたり、7人乗りでミニバンのように使用することができるなど、プリウスにはない魅力があります。

車両重量が重くなってしまうので、プリウスと比べるとやや燃費は悪くなってしまいますが、それでもリッター20km程度走れば十分満足度は高いことでしょう。

それに加えてスポーティでかっこいいのがGrです。

価格は5人乗りで約335万円で、7人乗りで約356万円です。

スポンサードリンク

プリウスαのGRは満足度が高く評価も高い車

引用:https://gazoo.com/article/photo/170919.html

G’sからG’rへ名称変更、内外装の変更や専用の足回りを手に入れ所有満足感も向上

プリウスαは、トヨタの販売するハイブリッドのステーションワゴンです。

単純にプリウスの車体を伸ばしただけではなく、居住スペースや荷室、空力性能などを意識して作られているので、全く異なる存在感を持っています。

価格は一番安いモデルのSLセレクションで2,565,000円です。

様々なグレードがありますが、G’rというスポーツ仕様に特化したグレードがあります。

これまでは走りに特化したモデルはG’sという名称で展開していましたが、現在はG’rに変更がなされて今後はこのグレード名で展開します。

G’rは、パワートレイン自体はベースとなるノーマル車と同じものを使用しているのが特徴です。

つまり、プリウスαのG’rの場合は普通のプリウスαと同じパワートレインとなります。

しかし、外装や内装、車の足回り等に手を加えてよりスポーティーな見た目と走りになるようになされています。

こちらの価格は3,351,240円からとなっています。

価格自体は大幅に上がっているわけではないため、プリウスαを購入する層にも手が届きやすく、それでいてノーマル車よりも満足度の高い車を手にいられるという魅力があります。

こちらのグレードは評価の高い車です。

経済的なファミリーカーでありながらスポーツ走行も楽しめるところが高評価の原因

スポーツしようとなると普通はベース車と比べて高価になるものですが、あくまでパワートレインは共通にしてその他に手を加えるという方法でスポーティーさを出しています。

それだけでも十分ベース車にはない走りを楽しむことができますし、ベース車の荷室の広さや居住性の良さなどは損なわれていないため、ファミリーカーとしても優れています。

ファミリーカーとなると普通は面白みのない車になりがちで、家族が多い人が妥協して購入する対象となってしまいますが、こちらに関してはファミリーカーでありながらスポーツ走行も楽しめるという良さがあり、評価は高いです。

乗り心地が良く、それでいてハイブリッドなので燃費も悪くありません。

経済的に走りを楽しむことができます。

迫力ある外観だが内装は黒基調でシックに、流通量が少ないが中古車があればお得

見た目は通常のモデルと比べてグリルが大きく開口していて、迫力があります。

内装は黒を基調としたデザインであり、シックで所有欲をそそるものとなっています。

中古車ではまだ新しいので玉数は少ないです。

ただ、新車よりも安く買えるのは確実で、ノーマルのプリウスαを購入するくらいの値段で買えます。

まだ中古に出回っているのは走行距離も少なく状態も悪くないため、中古でも良いという人にはおすすめです。

▲▲プリウスおすすめ記事▲▲
プリウスPHVモデリスタの人気カラーは赤?黒?
プリウスαの仕様は車中泊に向いている?ブログ情報を参考に
プリウスα7人乗りの燃費・価格・新古車の評価はどうか
プリウスα GRモデルの購入予定者は必読すべき具体的な値引き方法
プリウスαの内外装カスタムとカスタムパーツのアイデアを紹介

プリウスを値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

我が家の大蔵省である妻に相談しても、
「じゃあ、こっちが安いのでいいじゃない」
と一蹴。

私みたいに自分のほしいプリウスを、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使おう!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!