下取りは必ず一括査定サイトを使おう!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

プリウスαと言えば誰もが耳にしたことのある人気モデルですが、これをさらにカッコよく、クールに改造しグレードアップさせたものが「プリウスαGR」です。

今回は、そんなプリウスαGRのスポーツカスタマイズだけでなく、中古車市場の話についても紹介させていただきます。

スポンサードリンク

プリウスαGRの中古車はまだ数が少ない

引用:https://toyota.jp/priusalpha/grade/gr_sport/

ベース車のプリウスαとは何が違うのか?

GRプリウスαは、ベース車であるプリウスαを改造して走りを追求したタイプの車です。

これは、トヨタのモータースポーツチームであるGAZOO レーシングが展開するモデルです。

モータースポーツ活動を通じて得られた技術を盛り込んでベース車をいじっていますので、標準モデルよりも走行性能は高くなっています。

外装は専用のバンパーや専用エンブレムなどによってドレスアップされており、グリルも存在感のあるデザインとなっており、標準タイプとは大きく異なります。

内装も専用タコメーターや本革の承継ステアリングなどを活用し、標準モデルより高級感があります。

もちろんこういった見た目の部分以外にも、専用チューニングがなされたサスペンションを採用し、走りもにもこだわりっているのが特徴です。

気になるGRモデルの価格は?

プリウスαのG’rモデルは標準モデルと比べて約30万円程高くなります。30万円のアップでかなり満足できる走りを体感できるのはお得であるといえるでしょう。

中古車は標準モデルに比べるとあまり出回っていないため、そこまで価格が安くありません。

年式が新しいと、中古で標準モデルを買えるくらいの値段で売られています。

逆に考えると、大して走行距離がないのに標準モデルと同じくらいの値段で購入できるということになるため、中古車でも気にならないという人には大変おすすめです。

新車と違って納車にも時間が比較的かかりませんので、すぐに乗り始めることもできます。

中古車の情報は現在ネットで調べることができます。

登録されている販売店の情報が随時更新されているため、プリウスαG’rの情報も得ることが可能です。

アラートで入荷したら知らせてくれるサイトもありますから、便利に活用すると良いでしょう。

新型モデルの登場により、旧型のGRがお買い得になる可能性も。

プリウスの方は現在4代目に突入していますが、プリウスαもそろそろモデルチェンジがなされるとうわさされています。

今度は4代目プリウスのホイールベースを長くしたモデルになる見込みです。

こちらも今後はG’rモデルが販売される可能性があります。

もし新型が登場した場合、旧型の値段が下がるので中古車は非常に狙い目です。

G’rモデルは2017年に登場したばかりであり、まだまだ新しいです。

新しいのに新型が出れば価格が下がるとなれば、状態も良いのに安く購入できることになりますからお得といえます。

数年程度では中古でも劣化が激しくなることはありませんから、新型が登場するまで待ってみるのも悪くはないでしょう。

スポンサードリンク

プリウスαGRスポーツカスタムについて

引用:https://toyota.jp/prius/customize/

新たなるグレードラインナップ

プリウスの派生モデルであるステーションワゴンにプリウスαがあり、2011年のデビューから7年が経過していますが、2017年末にスポーツコンバージョンシリーズの「G’rスポーツ」がグレードラインナップにプラスされました。

G’rスポーツとはトヨタのモータースポーツチーム「GAZOO レーシング」にちなんだスポーツカーチューニングモデルシリーズです。

通常のプリウスαをベースに開発されたチューニングパーツを搭載し、空力抵抗が考えられたエアロパーツによりカスタマイズされています。

パワートレインは通常ベースモデルと同一で、GAZOO レーシング専用サスペンションで固められた足回りは高速走行時やターン時に安定感が良く、ハンドリング性能をも向上させます。

車両価格に見合った性能

インテリアに目を向けると、GAZOO レーシング専用スポーツシートが採用され、黒を基調としたシックなイメージで専用ロゴにより特別感をアップしました。

高速走行時やターン時にドライバーの身体をキープする立体的なシートが採用され、三本スポークの専用本革巻きステアリングにアクセル&ブレーキペダルもアルミ製スポーツペダルの採用により高級感とスポーティなイメージに仕上ったモデルです。

エクステリアも、GAZOO レーシング専用にデザインされたバンパーやスポイラーとマフラーによってカスタムされており、タイヤ&ホイールも、GAZOO レーシング専用のものでロゴがホイールセンターに装着されています。

エアロパーツは空力抵抗が考慮され、走行時にボディ気流の摩擦係数を抑え、効率よく気流を後方に流す工夫がされています。

ベースモデルに比べて20万円~30万円車両価格がアップしますが、G’rカスタムが施されたモデルは中古車市場で人気が高く高額買取が期待できるため、あえてこれを選ぶユーザーも多いです。

モータースポーツで研究された驚くべき燃費性能の実装

トヨタGAZOO レーシングは世界の耐久レースやラリーで好成績を残しており、モータースポーツファンに人気が高いため、G’rスポーツの知名度も同様に高いです。

通常モデルよりも若干重量が増すため、燃費が懸念されますが空力抵抗を抑え、安定した高速走行が可能となり、燃費性能を高めています。

ステーションワゴンは人と荷物を多く運ぶために生産された側面があり、国産車の場合、欧米の輸入車と比べてパワーや高級感、スポーティー感覚が落ちますが、G’rスポーツカスタムにより廉価なイメージを無くしています。

スポンサードリンク

プリウスαGRの内装はどのような感じ?

引用:https://toyota.jp/priusalpha/grade/gr_sport/

幅広い層に支持されてきたプリウスαG’r

プリウスαG’rを製造・販売しているトヨタ自動車は日本の大手自動車メーカーで、国内のみならず世界的にも人気のある自動車を多く製造・販売しています。

世界販売台数はトップクラスで、国内シェア率も安定した割合を誇っています。

プリウスαはトヨタが製造・販売するハイブリッドカーで、3代目のプリウスを元にしてされ開発2011年に発売されました。

プリウスαG’rは2017年プリウスαのスポーツ・コンバージョンシリーズとしてラインナップされ、5人乗り2列シートのステーションワゴンタイプと7人乗り3列シートのミニバンタイプの2種類があり、家族構成や目的に合わせて選ぶことができるため人気を集めています。

今回はプリウスαG’rの内装はどのようになっているのか、チェックしてみましょう。

気になる内装の方はどうでしょうか?

G’rの内装は、黒を基調としていて重厚感高級感を感じることができます。

エアコンの中央吹き出し口であるセンターレジスターやパネル中央部であるセンタークラスターには差し色としてメタリックカラーが配色してあり、スマートなかっこよさを演出しています。

またエンジンの回転数を示すGRロゴ付きのタコメーターを設置したり、ブレーキペダルを専用のものにしたりと、スポーツ仕様になっているところが特徴的です。

シートは好評のあった前モデルで使用されていた合成皮革とスエード調の柄を組み合わせた専用シートをそのまま用いており、高級感と乗り心地の良さを両立させたシートになっています。

ステアリングやシフトノブなどはすべて専用のものが採用されており、スタートスイッチにはGRのロゴが付いているなどスイッチ類もさまざまな装飾が施されています。

アームレスト付きのセンターコンソールボックスには合皮皮革が巻いてあり、ラメ入りのピアノブラック塗装が施されているなど細部へもこだわった仕様となっているのも魅力的です。

最高のドライブを心行くまで楽しむ

その他にもUVカット機能付きのウインドシールガラスが付いていたり、撥水機能付きのフロントドアガラスが付いていたりと、強い日差しや雨から運転者や同乗者を守ってくれます。

このほかにもここではご紹介しきれなかったさまざまな魅力を持っているG’rは、購入者からの満足度が高く、運転を快適で楽しいものにしてくれます。

購入者の家族構成や使用目的に合わせてタイプを選べることが満足度を高める要因の1つかもしれませんね。

極上の空間でのドライブはきっと、素敵なものになるでしょう。

プリウスαGRのタイヤサイズはノーマルより多くてスポーティー

引用:https://toyota.jp/priusalpha/grade/gr_sport/

見た目・足回りなどの変更点に対して価格をどう捉えるか

プリウスαにはG’rという仕様があります。

こちらは普通のプリウスαに手を加えてよりデザインも走りもよりスポーティーにしたモデルです。

5人乗りのモデルと7人乗りのモデルがあります。

価格はそれぞれ3,351,240円3,556,440円になっています。

そこそこ値段は高めですが、ベースグレードと比べると30万円程しか変わりません。

それでいて見た目も足回りも結構な変更点があり走りを楽しめるようになっているため、お買い得なモデルと言えるでしょう。

プリウスαのタイヤサイズはノーマルが16インチで、G’rが18インチとなっています。

大きなアルミホイールは迫力があり、それに加えて25mmのローダウンがなされており、車高が低いのでスポーティーさが増しています。

元のプリウスαと比較すると、よりクールに

内装も大きく変更されていて、ステアリングが本革になっているほか、専用タコメーターが採用されていたり、ブラックを基調とした革が使われていたりとかっこいいインテリアに仕上がっているのが魅力です

もともとのプリウスαがファミリーカーであるため、あまりスポーツ感がありませんが、大きく変更されることによってかなりスポーツ感が増しています。

外装も、大きなグリルが標準とは異なってまるで別の車種のようになっていますし、ヘッドライトもより切れ長になってシャープさを出しています。

また、リアに専用のバンパーを搭載したり、マフラーも専用の物を付けるなど、変更点は多くなっていて、これならファミリーカーであっても妥協して購入の対象とする物ではなく、走りも満喫できる車として購入対象に入っても文句はないでしょう。

この2台を横に並べて比べても、知らない人が見れば同じ車種だとは思わないかもしれません。

インターネットを用いることで他ユーザーの感想を簡単に調べられます。

プリウスαのG’rモデルに興味がある方は、動画サイトの市場レビューを見てみることをおすすめします。

一番は実際に試乗してみて判断するのが良いですが、なかなかディーラーまで行けないという方もいるでしょう。

そういった方でも、実際の乗り心地や走行性能に関する評論家や購入者のレビューを見ることで、どんな車かのイメージをつかみやすくなります。

購入の前の檀家になればディーラーに行かなければなりませんから、どのみちそのうち試乗することになるはずですが、そのほかの候補と比べてみたいというなら、そちらを見ることで判断の参考とすることができます。

多くの動画がアップロードされていますので、見比べてみましょう。

▲▲プリウスおすすめ記事▲▲
プリウスPHVモデリスタの人気カラーは赤?黒?
プリウスαの仕様は車中泊に向いている?ブログ情報を参考に
プリウスα7人乗りの燃費・価格・新古車の評価はどうか
プリウスα GRモデルの購入予定者は必読すべき具体的な値引き方法
プリウスαの内外装カスタムとカスタムパーツのアイデアを紹介

プリウスを値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

我が家の大蔵省である妻に相談しても、
「じゃあ、こっちが安いのでいいじゃない」
と一蹴。

私みたいに自分のほしいプリウスを、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使おう!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!