下取りは必ず一括査定サイトを使おう!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

プリウスαは性能が良く燃費も良いとされている車種ではありますが、これは運転の仕方にもよって変わってきます。

実際に道路を走らせた場合の実情や、高速道路を走った場合などの理論値、そして、日々の運転の仕方によって変わってくるという点についても紹介させていただきます。

スポンサードリンク

プリウスαの実際の燃費は乗り方によって変化します

引用:https://autoc-one.jp/nenpi/1706995/

プリウスαはトヨタが誇る人気のハイブリッド車なので、当然ながら同等のガソリン車と比較した場合では、かなりの低燃費を実現しています。

環境問題にも取り組み、家計の負担を減らす結果に

ガソリンエンジンと電気モーターで走行させる仕様になるので、現在では環境問題にも配慮されている車種でもあります。

ガソリンをあまり使わずに長距離を走破することができるので、家計の負担を軽減することにも役立ちます。

購入する前の方や、実際に所有している方でも、プリウスαの燃費事情が気になってしまうことも多いものです。

トヨタが発表している情報ではリッター毎、約26キロの走行を可能としています。

この数値に関しては書く自動車会社が共用して実施している試験結果をそのまま表示しているものなので、実際の燃費とは差が生じてしまうことが多々あります。

リッター毎、26キロという数字はガソリン車で1.8リッターの排気量を持つ別の車種でチェックした場合では、通常では良くても10キロ半ば程度の車種が非常に多いので、プリウスαは大きなメリットを感じられる車として利用できます。

実際の乗り方次第で変わってくる面も

実際の燃費情報については乗り方によって大きく差が出てしまうことも事実です。

例えば短距離を繰り返す、いわゆる街乗り用や、営業車で使っている場合では、何度もエンジンオフを繰り返すことが多く、信号待ちの時間も長くなってしまうので、表示されている情報よりも少なくなる可能性も否定できません。

一方で遠乗りを行っている方や、通勤用で使っていても、一度の走行距離数が多い場合、高速道路などを利用している方では表示されている情報よりも低燃費を実現することも十分に可能です。

乗り方に関しては単に走行させる道路の環境だけではなく、運転技術でも大きく差が出てしまうことも事実です。

運転方法や乗車人数によって異なる

エコドライブという言葉があるように、急加速をしないことや、できるだけブレーキを踏まないような運転を身に付けることも良い方法です。

具体的にはゆっくりと加速をして、アクセルワークを一定に保つことが最も良い運転技術です。

急激に減速してしまうことを無くすように、前方の道路状況を常に把握しながら運転をすることも基本的なことです。

乗車している人数によっても違いは大きくでます。

ドライバーが1人で運転している場合では気にする必要がなくなりますが、5人や7人など多い人数を乗せて走行している場合では、重さが増す分だけ走行距離が短くなることも一般的です。

それでもプリウスαは人数が多くても快適走行を実現している車種なので、普通の運転を心掛けていれば心配せずに安定走行させることができます。

スポンサードリンク

プリウスαの高速道路での燃費について

プリウスαの高速道路での燃費はどれくらいなのでしょうか。

プリウスの掲げている燃費は?

ウェブサイトやカタログなどを見ると、JCO08モードで26.2km/Lとされています。

このJCO08モードというのはそれまでよく使われていた10-15モードがあまりに実態とかけ離れているということで、より実態に近づけようとして設定されたものです。

10-15モードというのは、主に市街地や郊外の走行を想定したものですが、それでも最高速度が実際の道路よりもかなり低かったり、あるいはあまりにゆっくりと加速しているなど、実際の走行とは大きく違うという指摘が挙げられていました。

ちなみに10というのは市街地での走行を想定した10種類の走り方、15というのは郊外での走行を想定した15種類の走り方を指しています。

プリウスαの場合、10-15モードでの燃費は30km/Lを越えるくらいの数字になっています。

あくまでも目安程度にどうぞ

10-15モードの燃費があまりにも実態と異なっているということで、より昨今の道路事情、走行の実態を考慮し、実際のものに近づけようとして開発されたのがJCO08モードです。

平均速度や最高速度は10-15モードよりも速くなっています。しかしそれでもなお実態とは異なっているという指摘があります。

自動車メーカーとしては、許されているあらゆる手段を用いてでも、ウェブサイトやカタログに載せる数字を大きくしたほうが良いに決まっています。

そのため、実態とはなおかけ離れた数字になっているのが自動車ユーザーの間では常識というか、JCP08モードの数字はあくまで参考値に過ぎないという考え方が一般的です。

平坦な道が続く高速道路であればどうか?

高速道路の場合は、しかし実際にはカタログ上の数字にかなり近い数字が出るとも言われています。

高速で安定した走行ができているときというのは自動車にとっては相当に燃費のよい走り方でもあるからです。

ただし、日本の高速道路においては本当の意味で高速で安定した走行ができるとは限りません。

田舎を除けば交通量も多く、また渋滞も多いでしょう。

一方で田舎であれば山がちな日本の地形からみてアップダウンのある区間も多いでしょう。

このようなことから、自分としてはかなり理想的な走りをしていると思っても実際には26.2km/Lを達成するようなことは厳しいです。

一つの目安として、20km/Lを達成できていれば十分に燃費の良い走り方ができていると思っても間違いないでしょう。より低くなってしまうこともあります。

スポンサードリンク

プリウスαの燃費向上運転テクニック

引用:https://toyota.jp/priusalpha/grade/special/

現在のプリウスαは2009年三代目プリウス出遅れること2011年に初代モデルとしてデビューし、2018年で7年が経過しました。

次期モデルへフルモデルチェンジが囁かれるのですが、現行モデルの人気も衰えていません。

性能の向上により近年ではJC08モードが主流に

世界初のハイブリッド車として誕生したプリウスは1995年当初のモデルで10・15モード燃費が28.0km/Lの燃費水準でしたが、実際の走行では15km/Lと数値のおよそ6割程度でした。

3代目プリウスになりバッテリーの改良やパワートレインの向上により、世界トップクラスの燃費水準である10・15モードで38.km/Lにまで向上しています。

2011年のプリウスαのデビュー後はJC08モードが主流となり、26.2km/Lとのカタログ表記がされました。

JC08モードは実際の走行に近い数値と言われています。

臨機応変に切り替わるプリウスのシステム

ただ、プリウスよりも80mmホイールベースを延長し、全長で155mm、全幅でm30mm、全高85mmと一回り大きなサイズに拡大されており、140kg重量が重いことからプリウスの3代目と同じパワーユニットを搭載し、同一のハイブリッドシステムやコンポーネントを持ちながら燃料消費に影響しています。

さらに3代目プリウスはセダンと言いながらそのフォルムはクーペを意識したハッチバック構造で空力抵抗を考えたデザインとなっているため、走行で燃料消費に差が出ます。

プリウスαに搭載されたハイブリッドシステムには様々な工夫がされており、大容量水冷EGRクーラーを搭載したこと排気熱をヒーターやエンジンの暖気に再利用すること、アクセルから足を離すことでエンジンからEV走行に切り替わり、ブレーキングによりエネルギーがバッテリーに回収されるシステムなどがエンジンでの走行をサポートして燃料消費を抑えています。

乗車後にエンジンスタートボタンを押し、加速をはじめると次第にエンジンに切り替わります。

高負荷時はエンジンが回転しますが、低負荷ではEVモードでの走行となります。

走行時に蓄えられた電気エネルギーがEV走行でエンジンをサポートし、燃料を節約します。

運転手の日々の心がけによって更なるエコを実現しましょう。

実際の走行ではユーザーにより異なる燃費データが出ていますが、ユーザーの運転テクニックで異なる結果となるようです。

低燃費走行を心がける場合、ある程度加速してスピードが上がってからアクセルから足を離すとEVモードに切り替わり、早めのブレーキを心がけ、数回に分けてブレーキペダルを踏み込むことでバッテリーにエネルギーが回収され、エンジンをサポートします。

エアコン稼働時はオートに設定し、夏は27℃、冬は24℃程度に設定すると燃料の消費を抑えるでしょう。

▲▲プリウスおすすめ記事▲▲
プリウスPHVモデリスタの人気カラーは赤?黒?
プリウスαの仕様は車中泊に向いている?ブログ情報を参考に
プリウスα7人乗りの燃費・価格・新古車の評価はどうか
プリウスα GRモデルの購入予定者は必読すべき具体的な値引き方法
プリウスαの内外装カスタムとカスタムパーツのアイデアを紹介

プリウスを値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

我が家の大蔵省である妻に相談しても、
「じゃあ、こっちが安いのでいいじゃない」
と一蹴。

私みたいに自分のほしいプリウスを、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使おう!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!